« 中国文化研究のこと | トップページ | オー、極楽浄土! »

悲しみのピーナッツバター

_b212922我が家の朝は洋パンにピーナッツバターが定番だが、そのピーナッツバターには一般的に「なめらかタイプ」と「粗挽きタイプ」の2種類がある。

私が好きなのは断然「なめらかタイプ」である。

そう言ったそばからなんだが、批判を恐れずに告白すると、「粗挽きタイプ」に夢中になっていた時期もあった。青かった。

というのも、ピーナッツバターに「粗挽きタイプ」があると知らなかっ_b202891た無知な私は、初めて食卓にあがった「粗挽きタイプ」に衝撃を受け、そのなめらかさとクリスピーさの混在する摩訶不思議な食感の虜になってしまったのである。

が、すぐに冷めた。

なんでかっつーと、悲しくなったからである。

ピーナッツバターの基本はやはり「なめらかタイプ」であろう。卵が先か鶏が先かの論争ではないが、ことピーナッツバターに関しては、「なめら_b212924 かタイプ」が先に在り、その後、「なめらかタイプ」のアレンジ版、亜流として「粗挽きタイプ」が売られるようになったと推測される。

この事実がどんなに悲劇的かということは、ピーナッツバター「粗挽きタイプ」の気持ちになって考えてみるとよくわかる。

詰まるところ、ピーナッツバター的には、やはりその道の王道たる「なめらかタイプ」になりたい、そこを目標にがんばっているわけで、そんななか、なめらかになりきれていない「粗挽きタイプ」の烙印を押されるのは屈辱的であろう。ピーナッツバターの_b202895本懐を遂げられていなっいつーかね。

そんな半端な気持ちでスーパーの棚に陳列されるのは、私がピーナッツバターだったら叫びたくなるほど悔しいし、こんな半端なおいらを買ってくれるな、とお客さんに対してもネガティブな気持ちになってしまい、おそらく賞味期限の3週間前に腐る。

なめらかに。俺はもっとなめらかになりたいんだ。

そんなピーナッツバター「粗挽きタイプ」の悲痛の叫びが聞こえてくるように_b212998 なった私は、食卓でいたたまれない気持ちになって、「粗挽きタイプ」が食べられなくなってしまったのである。

彼らの苦悩をわかっていながら、「大丈夫、君はがんばってる。今でも充分なめらかじゃないか」と励ましてやることしかできない自分の無力さが歯がゆい。つらい。悲しい。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

|

« 中国文化研究のこと | トップページ | オー、極楽浄土! »

猫のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

私はツブツブがあった方が良いなぁ〜〜

この食感をなくしてどぉすんのさ!!
って陳列棚で言っている気がするんだけどなぁ〜〜〜。

投稿: fukko | 2009年11月25日 (水) 11時09分

スーパーの閉店後、陳列棚で、「なめらかタイプ」と「粗挽きタイプ」が激しい論争を繰り広げているかもしれませんね。今度のぞいてみよっと♪

投稿: とら猫 | 2009年11月25日 (水) 11時31分

夢中になっていた時期って、一瞬じゃん~!(笑)

投稿: 嫁@会社 | 2009年11月25日 (水) 14時17分

嫁@会社さん。
一瞬だって立派な「時期」です!

投稿: とら猫 | 2009年11月25日 (水) 15時43分

とら猫さん、どうかご自分をお責めにならないで・・・
たとえ、短期間(一瞬?)だとしても
その時、とら猫さんの舌先の粗挽き君は
本懐を遂げたはず・・・
とら猫さんに噛みしめられながら、
次はきっとなめらかに・・・と
転生を夢見たのではあ~りませんか?
・・・・合掌・・・・・

投稿: まめまま | 2009年11月25日 (水) 21時38分

いつか「なめらかタイプ」にしてやるから
今はこれで頑張れ!!と言われてるのでしょうか?
本意ではない曲でデヴューするバンドマンのようです(;ω;)

でもなめらかタイプの銘柄もこだわりがあるんですよね??

投稿: ocashi | 2009年11月26日 (木) 07時13分

まめままさん。
まあ、今朝も普通に食べてるんですけどね!

投稿: とら猫 | 2009年11月26日 (木) 10時38分

Ocashiさん。
いや、特にこだわりは… 嫁が買ってきたものを食べているだけで…

投稿: とら猫 | 2009年11月26日 (木) 10時39分

私もピーナツバターは好きです。
なめらかタイプ、つぶつぶタイプとも
どっちも好きなんですが。。。
うん、明日あたり~また買ってこよう~♪

投稿: もちゅみ | 2009年11月26日 (木) 17時43分

もちゅみさん。
どっちもお好きですか。あれがあればパン何個でも食えますよね。

投稿: とら猫 | 2009年11月28日 (土) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悲しみのピーナッツバター:

« 中国文化研究のこと | トップページ | オー、極楽浄土! »