いんぐりっしゅ猫

変わった表現

03150020

trust A as far as I can throw A という一風変わった表現に出くわしました。A の箇所には人が代入されるんですけど、果たしてどんな意味になるのでしょうか。

たとえば

I trust him as far as I can throw him.

と、使われます。直訳すると「私は彼を投げられるくらい信じている」ですね。う~ん、さっぱりわけがわかりません。この as far as は距離を表していて、それを踏まえて訳出すると「私は私が彼を投げられる距離くらい信じている」となりますが、まだ意味不明ですね。

03170003そこでちょっと立ち止まって考えてみましょう。人が人を投げると、投げられた人はどうなるでしょう? 成年男性なら65キロはありますから、きっとたいした距離は投げられません。ターミネーターかランボーでなければ数センチというのが関の山。

勘の鋭いかたなら、もうおわかりかも。上記を踏まえて訳してみると「私は、私が彼を投げられるたかだか数センチ程度だけ彼を信じている」となりますね。そう、この一文は肯定文の体裁をとっていますが強い否定が含意されていて、実際のところ、この人は彼のことをこれっぽっちも信じていない。そういう皮肉を込めた言いまわしなんですね。

そういうわけでトランスレーション猫の拙訳。

「あんなやつ、とても信じられんね」

うにゃ~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

気になる表現

03060001_2 このコーナーは、仕事や読書の最中に気になった英語表現を書き残していくという、いわば、トランスレーション猫のきわめて私的な備忘録としての役割を果たすものです。従いまして、この記事を参照した結果、トランスレーション猫の誤用、解釈の誤り、思い込みその他の事由から第三者が何らかの恥をかくハメになったとしても、トランスレーション猫ではいっさいの責任を負いかねますのでご了承ください。

① on your head be it if ...: ~したとしても、すべての責任を取ってもらう

On your head be it if it rains tomorrow ! 明日雨が降ったらおまえのせいだからな!

② It'll be a cold day in hell when ...: ~することなんてありえない03060002

It'll be a cold day in hell when he thanks me. あいつが礼を言うことなんてありえない。

03060004 ③ I can't say that I ...: ~とは思わない(遠まわしに否定する言い方。that の代わりに as が使われることも)

Do you like that movie?  あの映画って好き?

I can't say as I do. う~ん、あんまり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)