ぼ~るげいむ猫

去りゆく竜巻

野茂がロイヤルズから戦力外通告を受けた。

要するに球団をクビになったということだ。

Photo今シーズン、野茂が残してきた成績を鑑みれば妥当な判断と言えるだろう。故障による二年のブランクを経て、日本野球を知悉するヒルマン率いるロイヤルズとマイナー契約を結んだ今季、オープン戦で首脳陣を納得させるだけの結果を残した野茂は、過去の輝かしい栄光の残滓におぶさるのではなく、みずからの力でメジャー行きの切符を勝ち取った。

が、甘くはなかった。オープン戦で調整の途上にあるバッターなら、これまでに幾多ものピンチで並居る猛者をなで斬りにしてきた必殺の宝刀、フォークボールで打ち取ることができた。しかし、公式戦に入ったとたん、かつて魔球と恐れられ、称えられた野茂のフォークはあっけなく見逃され、当てられ、打たれた。かつての球威を失い、唯一無比のトルネード投法を捨てた野茂にとっての牙城であるフォークボールが、無骨な男に海を渡ることを決意させたプライドの結晶であるフォークボールが屈してしまったのだ。

それは悲しい光景だった。サムライと呼ばれた男の散り際を見たような気Img_0247_2 がした。野茂は決して言い訳をしない。滅多打ちを食らったこの日もそうだった。これまでと同じように、ただチームに貢献できなかった悔しさを朴訥とつぶやいた。潔く、プロらしく。

おそらく、ひとつの時代が終わったのだ。野茂がこのまま引退するかどうかはわからないが、どこかのチームで野球を続けるにしろ、明らかに、何かが終わってしまった。

偉大なる嚆矢、野茂。

とにかく格好よかった。

さらば竜巻。

| | コメント (2) | トラックバック (0)