音楽

2011年2月23日 (水)

フレディの雄姿、再び

いや~これには笑った。

フレディ・マーキュリー、というかクイーンは私の音楽遍歴を語る上で欠かせない最重要バンドのひとつだ。なにせ、高校の頃にエレキギター(ZO3)を買って、最初にコピーしたのが「キラー・クイーン」のソロだった。 だから今でもエレキを持つと、ついあのソロを弾いてしまう。

_2120889しかし。

この歌っている人、フレディに声がそっくりだね。

それにフレディの発音の癖も完璧に再現しているこだわりぶり。

クイーンは大英帝国発のバンドだが、フレディは実はアフリカのザンジバル島生まれのインド系だったりする。そのせいかどうかは分からないが、フレディの英語は非常に滑舌がよい。語尾がはっきりしている。

このカップヌードルの歌の中で言えば、 「noodle」の「le」。

この「ル」の発音が極めてフレディっぽい。 _2120875

あとは後期の名曲「I want it all」のソロの前の、フレディとブライアンのボーカル掛け合いの部分とか。マニアックな話ですみません。

ブライアンの「so I'm living it all, and I'm giving it all」の呼びかけに対し、フレディが「Yes I'm living it all and I'm giving it all」と応えるのだが、

フレディは「living」と「giving」の語尾を、はっきりと、力を込めて、

「リビン“グ”」「ギビン“グ”」

と歌っているのだ。一方、生粋の英国人であるブライアンは「リビン’」「ギビン’」と歌う。実に_1220499対照的。

この曲をカラオケで歌うときには外せないポイントでしょう(笑)。

いや~、久しぶりにフレディに会えて嬉しかった。

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
フレディのキャラのなせる技だね、ぽちっ

| | コメント (8)

2010年11月15日 (月)

リスキー・ドライブ・ショウのショウ

006_r_2横浜は石川町まで、親交のあるバンド、リスキー・ドライブ・ショウのショウを観にいってきた。

このバンドのリーダーのリスキーさん(仮名)とはもう長い付き合いで、いつか美味いものを奢ってやるという約束をいまだ果たしてもらえずいい加減待ちくたびれたのだが、相変わらず奢ってくれるそぶりがない。

まあ、それは今後も気長に待ち続けるとして。

場所は「音小屋(nekoya)」というこじんまりとしたバー。いいなあ、こういう雰囲気。

いつものライブハウスだと柵なぞがあってステージが遠く感じるのだけれども、この音小屋019_r さんはいい。ステージはフロアの延長だし、酒でも飲みにきたついでにちょっと音楽でもやるか、ってな気さくなムードが漂っていて楽しい。

こういう会場だと、音が直接肌に染み込んできて心地よい。ベースなしのアコースティック編成でアレンジを変えていたせいもあるかもしれないが、聴き慣れたリスキーの曲がなんだか新鮮に響いた。

肝心のリスキーさん(仮名)は、私に目の前に立たれて終始演奏しずらそうにして022_r_2いた(笑)。だって店に着いたらその場所しか空いてなくって。

でも、そういったフレンドリーな空気がとっても温かくてよかったなあ。

酒もうまかったし!

←ゲストの猫丸さん。この曲も盛り上がった!

動画も撮ったんだけど、うまくアップできん。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

炎のロックバンド、リスキー・ドライブ

4th5月26日、全国ロックファン待望のリスキー・ドライブの4thアルバム『Take Shelter from the Rain』が発売された。

え、リスキー・ドライブをご存じない?

おっかしいなあ。10年以上のキャリアを誇る、日本のロックシーンを陰ながら支えてきたロックバンドなのだが。

とにかく、そんなリスキー・ドライブのリード・ギタリストと、私、とら猫はなぜか知り合いだった_1173938りする。振り返ってみると、かれこれもう10年近くの付き合いになるのか。光陰矢のごとし。時の流れはげに早い。

ごくたまーに音楽関係の翻訳の仕事が入ったときには、アドバイザーとして心強い存在でもある。法外なアドバイス料を請求されるのが玉に瑕だが、長いキャリアを誇る人だけにその顔は広い。焼き肉ぐらいおごってやらにゃあ、仕方あるまい。

最近は時間的な制約もあって叶わずじまいだが、以前はよくライブも観に行った。そういえば嫁を連れていったこともあったっけ(笑)。忘れもしない、あの時、我が嫁(結婚前)は、古着屋で買ったわずか100円の服をひらひら着て待ち合わせ場所に現れ_2134464たのだ。

ロックだ、と思った。

とにかく、リスキーが今でも活動を続けていることが私には嬉しい。励みになる。

そんなリスキー・ドライブは横浜・渋谷エリアを中心にライブ活動中。今年もやるのかな、全国ツアーは。

サウンドは硬派なロックンロールで、ローリング・ストーンズなんかが好きな人にはお勧め。

興味のある方はご一聴くださいませ~。全国レコード店の他、アマゾンでも買えます。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)