映画

2012年1月 9日 (月)

フライトナイト~恐怖の夜~

1326040781748.jpg
公開初日なのにこんなに閑古鳥が鳴いちゃって、ますますホラー映画のビデオスルー率が上がりやしないかと心配になるじゃん。


1326040783166.jpg
オリジナル版に比べて派手になった気がするけど、80年代ホラーの香りはちゃんと残っていてよかった。理屈抜きで楽しめる映画、怖くないし。

3Dメガネって上映後にくれるんだね、知らなかった。これ掛けてコンビニへ行ってみるか(^-^)/

とら猫評価:★★★★

| | コメント (2)

2011年12月11日 (日)

八日目の蝉

1323607595956.jpg

うーん。

なんか安っぽい寸劇を連続的に見せられているようで辛い。蝉、蝉、うるさい。

永作の演技も最初はいいけど、あの過去のシーンのたびにセリフ棒読みの子役と共に淡い感動を押しつけられると、だんだん鼻についてくる。


1323607596957.jpg

あと長いね。

観光地とタイアップでもしてんのかってくらい、無駄にシーンが引き延ばされている印象。

エンジェルホームは面白かったけど(^-^)/

とら猫評価:★

| | コメント (0)

2011年10月14日 (金)

アイ・スピット・オン・ユア・グレイブ(2010年)

Photo70年代の復讐ホラー「発情アニマル」のリメイク。

しかし、「発情アニマル」ってすごい邦題だな……

昔の邦題には良くも悪くも、こうした無鉄砲な勢いがあった。

今の邦題は総じて退屈。

あ、「地獄の変異」はよかったな。

コピーも昔はやりたい放題だったね。Img_2099_r

「ジョギリショック!」とか、もはや意味不明。なんだよ「ジョギリ」って。どこから引っ張り出してきたんだよ。

とにかく。

リメイクとしては及第点以上。

「やられたことを創意工夫を交えて100倍にしてやり返す」というリベンジの基本をしっかり遵守しているし、無難にそつなく復讐をやり遂げてくださる。

カラスを利用した復讐は実に多層的で手が込んでいて、思わず唸った。

Img_2092_r_2


吹っ切れたところはないが、

大人が安心して楽しめるリベンジムービー(なんだそりゃ)。

デートでは観ちゃダメ、ぜったい。

とら猫評価:★★★☆(5点満点、☆は0.5点)

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
ぶれないのがいい、ぽちっ

| | コメント (7)

2011年10月12日 (水)

チェイサー(2008年)

Photo警察が無能すぎる。

この手の猟奇サスペンスで描かれる韓国の警察って、いつもこんな調子だな。

しかも実話らしい。

警察がこれだけ盆暗なら、そりゃ、犯人も捕まらないし、殺したい放題だろうね。

捜査の順序がおかしくね?

尾行、ばればれじゃん。Img_2096_r

しかも何の抑止力にもなってないし。

観ていてイライラする。

まあでも、これで警察が切れ者ぞろいだったら、始まって10分くらいで事件が解決しちゃって、

映画にならないけど。

犯人の乾いた狂気よりも、

まったく使えない警察に血の気が引いた。

猟奇サスペンスの姿を借りた、権力批判だったりして。

とら猫評価:★★☆(5点満点、☆は0.5点)

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
凶悪犯なんだからせめて留置所に入れとけよ、ぽちっ

| | コメント (2)

2011年10月 8日 (土)

Rubber(2011年、日本未公開)

Img_18531殺人タイヤが大暴れするという触れ込みで、

鑑賞を楽しみにしていた「Rubber(ゴム)」。

やっと時間ができたのでうきうきしながら観たが…

がっかりさん。

B級ホラーに余計な説明をつけるのは

無粋なだけなんすよー、もう。

っていうか、この監督さん、

そもそもB級ホラーにする気はなかったのかも。

不条理なものは、不条理だから面白いのに。

「no reason」に捧げるとか、監督がしゃしゃり出てきてかっこつけて言うもんで興ざめ感100パーセント。

寒い、寒すぎる。Img_1998_r_2

シュールなジョークも数が少ない。

雰囲気とか音楽とかはいいんだけど。

もっとハチャメチャな展開を期待していただけに、

失望感高し。

映画っつーか、ミュージックビデオだな、こりゃ。

とら猫評価:★★☆(5点満点、☆は0.5点)

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
ドン・コスカレリに撮らせたい、ぽちっ

| | コメント (0)

2011年10月 2日 (日)

悪魔を見た(2010年)

Photoしっかし、韓国映画ってのは、

容赦ないね。

これは余計な贅肉をいっさい省いた、

究極の復讐劇。

贅肉を省きすぎちゃって、

時に話の展開が唐突にすら感じられるが、

それはご愛嬌。

逆に日本映画にありがちな、

眠たい説明が一切なくて清々しい。Img_1970_r

ただ、グロイ。

あと出てくる人が皆、殺人鬼。

まあ、悪魔を殺すには、

自分も悪魔にならないといけないってことか。

直視に耐えないシーンも多いが、

何より警察の無能ぶりに一番目を覆いたくなった。

とら猫評価:★★★★(5点満点)

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
軍隊はどこへ行った、ぽちっ

| | コメント (3)

2011年9月26日 (月)

4デイズ(2010年)

4この手の、

善と悪の本質に迫って、

既存の倫理観を揺さぶろうとする映画は基本的に大好きなのだけれども、

原題が“unthinkable(想像を絶する)”という割には、

サミュエルの拷問の手口が意外と古典的で、

しかも名うての尋問のプロにしては、

途中で弱気になっちゃったりして、

ちょっと肩すかしを喰らう。Img_1979_r

あ、やっぱ最大の弱みはそこなのね、みたいな。

それに全米壊滅の危機なんだから、

最初からもっとunthinkableな方法で尋問してもいいと思うんだが。

別に勿体つけてエスカレートさせていく必要もないし。

面白かったけど。

とら猫評価:★★★(5点満点)

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
ブルーレイ上映ってちょっと損した気分、ぽちっ

| | コメント (0)

2011年8月28日 (日)

冷たい熱帯魚(2010年)

Photoあー、きつかった。

リアルだね、

リアル。

血が苦手な人は、

いくら金子を積まれても観ないほうがベター。

ただ、

モラルという柵に一切縛られない彼らは、

一種の究極の生き方の体現者ともいえる。Img_18331

ダークなボニー&クライド。

その刹那的で破滅的な生き方を選んだ者は魂の解放を得られるが、

その代償は、

常に“死”なのだ。

とら猫評価:★★★★(5点満点)

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
心して観ましょう、ぽちっ

| | コメント (2)

2011年8月22日 (月)

「デッドクリフ」(2009年)

Imageこれはなかなか。

ロッククライミングと

猟奇モノを組み合わせるという力技がいい。

観覧車にも乗れない極度の高所恐怖症の私には、

前半の絶壁登りのシーンのほうが

後半の100倍怖かったけど。

ラストが雑かなー。Img_17991

それと、ヒロインの女の子の、

過去のトラウマありみたいな設定は蛇足だと思う。

フランス製だけど、

最近、ドキドキしてないわー、という方にはお勧め。

とら猫評価:★★★★(5点満点)

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
ホラーの基本はすべて押さえてあるね、ぽちっ

| | コメント (0)

2011年8月21日 (日)

「エレクトリック・ミスト~霧の捜査線~」(2009年)

Photoつまらない。

以上。

見始めて15分で挫折した。

トミー・リーとか、ジョン・グッドマンとか、

役者はいいとこ揃えてるんだけどね。

寒気がするくらい盛り上がらない。

なんか似てるなーと思ってたら、Img_18051

あのギター弾き親父はやっぱバディ・ガイ本人だったのか。

嫁も30分でギブアップ。

むべなるかな。

とら猫評価:☆(5点満点、☆は0.5点)

にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
耐え難い退屈さ、ぽちっ

| | コメント (2)