フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

1日1回応援ぽちっ!

  • にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
    にほんブログ村 猫ブログへ
    にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ

他のSNS@transneko

  • Photo_3 Photo_4

翻訳担当ゲーム

  • Screen568x568 41nk4k7xm6l

翻訳担当書籍

  • Photo_5 Photo_6

妄想猫エッセイ集「ホンニャク猫s(電子書籍版)」もAmazon他でひっそり発売中!

  • 38ec8418184b11e3b12a6025ffda975f_l 0dc23062900a11e38bdc4566cd288735_l

猫の里親さん募集中!

  • ドロップ(はちわれ、メス)、ピーナッツ(黒白、メス)、キョロ(黒、メス)

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2015年3月 3日 (火)

七彩@東京駅



東京ラーメンストリートで一番好きなお店。

他の店では呆れるような行列ができている時でも、ここだけはほとんど待つこともなく、すんなり入れることが多いので重宝する。

不揃いな手打ち麺がたいへん美味、なんでいつも空いているのかすごく不思議。



にほんブログ村 猫ブログへ
応援ぽちっ

2015年2月23日 (月)

システムの侵略に抗う一杯



この小汚い店が、センター北という人工的な清潔感に包まれた、ファミリー層が幅を利かせるニュータウンでしぶとく生き残っている理由、それは「街に媚びない姿勢」にあると見た。

君は君、オレはオレみたいな。

迎合を否定し続けた末、ついに街のほうを根負けさせてしまったその無骨な天邪鬼スピリットに客は惚れ、つい足を運んでしまうのだろう。



彼らが落としていく700円は、巨大なシステムの侵略に抗い続ける者へ捧げる、ある種のエールなのかもしれない。んなわけないか。

にほんブログ村 猫ブログへ
応援ぽちっ

2015年2月11日 (水)

安易な道を選んだ報い

Img_2807



ツイッタ上で美味しそうな熊本らーめんの画像を見かけて以降、どうしても熊本らーめんが食べたくなってしまい、かといって「桂花」や「ブッダガヤ」まで遠征している時間もないので、味にブレがあることは重々承知の上で、近所の“熊本ラーメン風”の一杯を提供する店へ。



Img_2806



結果はものの見事に外れ。



熊本らーめんへの報われぬ想いと、それでもやってくる満腹感にこの世の不条理を感じつつ、とぼとぼ家路につくのでありました。



にほんブログ村 猫ブログへ
応援ぽちっ

2015年1月23日 (金)

雅楽@あざみ野

昨年にオープンして以来、足繁く通っている店だが、味もさることながら、ここは接客の塩梅が素晴らしいと思う。自然で、嫌味がなく、必要なことだけを簡潔に伝える。常日頃から世に蔓延する過剰サービスを撲滅したい、今やどのコンビニに行ってもその所有を尋ねられる、忌々しいツタヤポイントカードを粛清したいと思っている私にとって、この店の客に対する距離感は実に居心地がよく、理想的に映る。

こういう距離感って天性のものだろうなあ、後天的に鍛えることが難しい部分だと感じる。

今月の限定麺も美味しゅうございました。

Img_3583_r

2015年1月19日 (月)

KABOちゃん@駒込

飾らないが深い味。美味しいです。
麵量も若人には少ないのかもしれぬが、某には丁度よいでござる。

プロジェクトBが上首尾に前進したのが本日の収穫。

2015年1月15日 (木)

花月@たまプラーザ

いつものように可もなく不可もなく、平々凡々、だがそれこそが花月の掛け替えのない個性であったりする。

脳が干上がって何も考えたくない夜にはちょうどよいのです。

2015年1月13日 (火)

胡楼亭@あざみ野

坦々麺はあっさりよりもこってり派で、これは胡麻がたっぷりと効いた濃厚で美味しい一杯なのだが、ちょいとコスパが悪いのが玉に瑕。白髪ねぎをトッピングした暁には余裕の夏目越え。だが黒ゴマ坦々麺や汁なしも美味しいので、定期訪問やむなし。

その他のカテゴリー